HOME > アングラーズレポート > ゲームフィッシング







 

ラインテスター 尾後幹太 「2017 アングラーズレポート」
〜大阪湾 ブリームゲーム〜
2017.01.31

1月中旬、この時期の大阪湾は水温が12度前後。
深場に隣接するシャローエリアにはチヌ、キビレがエサを捕食しにやってきます。


中潮の満潮から下げの時間帯、ゆっくりと流れがでています。
ボトムでのズル引きやリフト&フォールなど、チヌ釣り用のルアーを使用して狙います。


ラインは、「ソルトライン®PE スーパーエギングF4 0.6号」
リーダーは、「パワーゲーム®ルアーリーダー 10lb」
(リーダーの太さは根掛かりしやすい場所などによって10〜16lbを使い分けます)


 

最初は3g前後の軽めのルアーで手前から探ってみますがチヌからのアタリは無し。
次に8gに変えて少し沖にあるブレイク周辺を狙います。

ルアーが着底後、ズル引きすると「コツコツコツ」と地形の形状が手元に伝わります。
カニやエビなどの甲殻類がボトム付近を移動してるイメージで、ゆっくりとズル引きをしていると「ゴン!」とルアーをおさえるアタリ。


ソリッドティップのロッドなのでアタリを弾くことなく、しっかりとフッキング!
キビレの35cm前後。一番パワフルでやりとりが楽しいサイズです。








ズル引きでアタリがなければリフト&フォールでアピールします。
中通しタイプのチヌ用リグなので、ワームがあとからフワッと倒れ込む瞬間にアタリが出ることが多く、
この日、2匹目も着底した瞬間に「コツン!」とショートバイトがありました。




真冬のチヌ、キビレのブリームゲーム。
夏場みたいにアタリは多くありませんが、釣れるのは良型が多くテキサスリグやダウンショット、
バスフィッシングのタックルなどでも楽しめるのでオススメです。



タックルデータ
ロッド
8フィート ライトゲームロッド
リール
2500番
ライン
リーダー

 



 


このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー