HOME > アングラーズレポート > ゲームフィッシング







 


ラインテスター 関 勲 「2017 アングラーズレポート」
〜トラウトキング選手権 トラキン予選優勝!!〜
2017.01.31

みなさんこんにちは。ラインテスターの関 勲です。
先日、管理釣り場のアルクスポンドさんでトラウトキング選手権地方予選が開催され、
「トラウトリアルファイター®フロロ」と、「ソラローム®トラウトリアルファイター®エリアスペックPE」を駆使して優勝をすることができました。




開催されたアルクスポンドさんですが、放流されている魚のサイズが30cmから40cmと大きく、また、引きが強い管理釣り場です。
当日のラインセレクトに悩みましたが、スプーン用ラインは、本来で有れば魚への警戒心を無くすために、
「トラウトリアルファイター®フロロ 1.5lb」を使いたいところでしたが、魚のサイズと引き、
また、早朝の冷え込みによるロッドガイド凍結によるラインブレイクを考慮し、「トラウトリアルファイター®フロロ2.5lb」を選択。
また、ボトムとクランキング用として「ソラローム®トラウトリアルファイター®エリアスペックPE 0.25号・0.3号」
リーダーに、「パワーゲーム®ルアーリーダー 0.6号」を組み合わせました。



1回戦は、放流があり魚の活性が良くラインブレイクをしている選手が多かった中、フロロ2.5lbラインはラインブレイクすることなく魚をキャッチ。



2回戦から決勝戦までは、放流があった時はフロロラインを使用、放流が無く活性が落ちた魚に対してはフロロラインとPEラインを使い分けながら
確実に魚をキャッチ。 ラインの使い分けが、優勝を呼び寄せてくれたと思っています。



新フロロラインですが、ポンド毎に伸度調整を行い、
ライン直径均一化も行っているため、2.5lbの太さでもスプールへの馴染みも良く、
且つしなやかで扱い易いのが特長です。

新フロロラインとPEラインを使って価値ある一匹と出会ってみて下さい。

 

新フロロラインですが、ポンド毎に伸度調整を行い、ライン直径均一化も行っているため、2.5lbの太さでもスプールへの馴染みも良く、
且つしなやかで扱い易いのが特長です。

新フロロラインとPEラインを使って価値ある一匹と出会ってみて下さい。



タックルデータ 1
ロッド
ダーインスレイブ 6’2VL Exdriver
ライン


タックルデータ 2
ロッド
ダーインスレイブ6’2VL Exdriver
ライン
リーダー

 

タックルデータ 3
ロッド
ダーインスレイブ6’2VL Exdriver
ライン
リーダー



 


このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー