HOME > アングラーズレポート > ゲームフィッシング







 

中神敏秋プロ 「2017 アングラーズレポート」
〜宮崎県サーフでのヒラメレポート〜
2017.02.08

明けましておめでとうございます。
昨年はバストーナメントもソルトも絶不調の一年でしたので今年こそ私にとっても皆さんにもいい一年になりますようお祈り申し上げます。


レポートですが昨年12月25日に宮崎清武川河口のサーフでヒラメ狙いの釣行報告です。

今シーズンは清武川以外のポイントも開拓しようと日南市広渡川河口や鹿児島県志布志市菱田川河口のサーフを回ってみましたが
タイミングが合わずソゲクラスまで。やはり毎年恒例定番で今年も好調の宮崎市清武川河口へ行ってきました!



午前五時頃河口から海を見て右岸側へエントリー。さすが人気ポイントで5人ほどの先行者がいましたが何とポイントを確保できました。
タックルは「シーバスPEパワーゲーム® 1号」に、リーダーは「バウオ®エクスレッド®16lb」

 

タイミング的には下げ始めで河口の最深部を夜明けまで探り一投目からクサフグ連発(笑)。
生命反応があるのは集中力が続くのでいいのですが、10匹以上釣れると飽きます。。

夜明けのタイミングで河口からの水流が当たるサンドバーをタダ巻きでもアクション。メタルジグ32gでボトム付近を探ると5投目で待望のバイト!
漂着物に絡みましたが強度に心配がなしラインなので強引にやり取りし、姿が見えたのは60cmオーバーのヒラメ!



毎年、初回の釣行で結果が出ていたのですが、今年の調子を象徴するように苦戦し、4回目の挑戦でようやく出会えたヒラメサイズでした!

2017年はたくさんのレポートを出せるように頑張ります。



タックルデータ
ライン
リーダー

 



 


このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー